【18歳未満のお子様にスマホを渡す保護者の方は必ずお読みください】
お子様がインターネットトラブルに巻き込まれるケースが最近増えています。インターネットはとても便利な反面、有害情報を閲覧したりネット上に個人情報が流出したりと、思わぬトラブルが発生するリスクがあります。フィルタリングサービスを設定し、ネットの危険からお子様を守りましょう。

【フィルタリングサービスとは】

  • 青少年インターネット環境整備法が平成29年6月に改正され、18歳未満が使用者である場合、保護者には青少年のインターネット利用情報を把握・管理する努力義務が課されました。
  • フィルタリングサービスは、インターネット上の違法・有害情報を閲覧するリスクを減らす有効な手段です。
  • フィルタリングサービスは、リスクを完全に無くすものではないため、保護者による利用情報の把握・管理が必要です。
  • 青少年使用者や保護者の方が、特定のインターネット上の情報を取捨選択できるように、フィルタリングサービス機能による設定が可能です。

【フィルタリングサービスの設定】 

端末上でフィルタリングサービスを設置することが可能です。アプリや携帯電話機によって操作方法が異なります。

iPhoneの場合は、2つの方法があります。

①フィルタリング機能をつけたブラウザを使う

  • iPhoneの標準ブラウザSafariの利用に制限をかける ⇒ 詳細はこちらから
  • 他社のフィルタリングサービスを設定する(有料)
    詳しくは提供元にご相談ください。(例:ネットスター、デジタルアーツなど)

②iPhoneアプリのコンテンツのフィルタリング(利用制限) ⇒ 詳細はこちらから

アンドロイドの場合は、2つの方法があります。

①フィルタリング機能をつけたブラウザを使う

  • Googleの検索制限をかける ⇒ 詳細はこちらから
  • 他社のフィルタリングサービスを設定する(有料)
    詳しくは提供元にご相談ください。(例:ネットスター、デジタルアーツなど)

②Google Playのコンテンツの利用制限をかける ⇒ 詳細はこちらから

安全にスマートフォンをご利用いただくために、その他ご利用のアプリ内で制限がかけられるものは保護者の方で設定、管理を行なってください。

設定例)Youtubeの場合はこちらから

【ネットリスクに関する指導】

上記の方法だけではネットの危険から完全にお子様を守ることはできません。
以下の例を参考に、各ご家庭にてお子さまとの会話を通じネットリスクに対応できる知識の育成をしましょう。

◆インターネットでのブログ/掲示板/プロフィールサイトなどの書きこみ
書きこんだ情報の流出/拡散の恐れがあるので、個人情報などの大切な情報は決して書きこまないように指導する

◆SNSなどのコミュニティサイトでの友達づくり
なりすましなどで犯罪者が狙っている可能性もあるので、身元がわからない人とはむやみに個人情報を交換したり、実際に会ったりはしないこと。

◆スマートフォンの使い過ぎで生活リズムが乱れる
日常生活に支障が出ないよう、ご家庭で話し合って決める

◆保護者に内緒で課金、ネットショッピングを行う
ゲームで高額の課金、オンラインショッピングサイトで詐欺被害など
お金にかかわるトラブルが起きないよう注意する