スマートフォンは機能が多岐に渡るため、通常の携帯電話よりも電池の消費が早くなります。
下記の方法を実践することで、電池の消費を抑えることができます。ぜひお試しください。
※代表的なアンドロイドでの操作方法です。お持ちの機種と操作が異なる場合があります

1.Wi-Fiへの接続解除

Wi-Fi接続を常にONにしていると、インターネットを利用しないときでも、携帯電話が接続可能なWi-Fiを検索し続けるため、電池の消耗が早まります

アプリケーション→[設定(Settings)]→[無線とネットワーク(Wireless & networks)]→[Wi-Fi]
緑色のマークをグレーにすると、Wi-Fi接続が解除されます

2.GPS機能の停止

アプリケーション→[設定(Settings)]→[現地情報とセキュリティ(Location & security)]→[GPS機能を使用(Use GPS satellites)]
緑色のマークをグレーにすると、GPS機能がOFFになります

3.Bluetoothの接続解除

アプリケーション→[設定(Settings)]→[無線とネットワーク(Wireless & networks)]→[Bluetooth] 緑色のマークをグレーにすると、Bluetoothへの接続が解除されます

4.頻繁な充電は避ける
携帯電話のバッテリーは、フル充電の状態が続くと、劣化が早まります。少なくとも月1回は充電を空にしてください

5.充電器につなげたまま操作をしない
充電器につなげたまま通話やSMSなどの操作を行うと、電池の劣化を早める原因となります

6.画面の明るさの調整
画面を暗めに設定してください

アプリケーション→[設定(Settings)]→[表示(Display)]→[画面の明るさ(Brightness)]

7.音量の調整
大きい音でのご利用は、電池の減りが早くなります。環境に応じて、音量を調節してください

アプリケーション→[設定(Settings)]→[音(Sound)]、もしくは、携帯電話本体の左横にある音量ボタンで調節

8.バックライトの消灯時間
消灯時間を1分、もしくは2分で設定してください

アプリケーション→[設定(Settings)]→[表示(Display)]→[バックライト消灯(Screen timeout)]

9.スクリーン画面をOFF
こまめにスクリーン画面をOFFにすることで、電池が長持ちします。電源ボタンを軽く押すことで、画面がONになります
バックグラウンドデータの同期をOFFにする

アプリケーション→[設定(Settings)]→[アカウントと同期(Accounts & sync)]→[バックグランウンドデータ(Background data)] 緑色のマークをグレーにすると、データの同期化がOFFになります

10.アプリケーションの停止、消去
使用していないアプリケーションがあれば、停止、もしくは削除してください。なお、待受画面上にアプリケーションの表示がなくても、自動更新などの動作を行っていることがあります。その場合、通常よりも電池の減りが早くなるおそれがあります

アプリケーション→[設定(Settings)]→[アプリケーション(Applications)]→[アプリケーションの管理(Manage applications)]

11.バッテリー節約アプリを使う
Playストア、マーケットには、節電のためのさまざまなアプリケーションが用意されています