スマートフォンがフリーズする原因と対処法をご案内します。

※アンドロイド携帯電話の操作方法を記載しております

1)長時間連続使用などによりCPUが熱暴走したため
→電源ボタンを長押しして強制終了する。バッテリーを外して10分程度時間をおいてから起動する。
電源ボタンで電源が切れないときは、バッテリーを外して強制終了する。

※バッテリーが外れないタイプの携帯電話の場合、電源ボタンと音量調節ボタンの
音量を下げるボタンを同時に15秒程長押しすると、強制再起動できる場合が御座います。

2)複数のアプリが起動していて端末に負荷がかかったため
→タスクマネージャで不必要なアプリを終了させる。

※無料通話アプリやメッセンジャーなどのアプリは、
使用していない間も、背景で待機していることがあります。
これらのアプリをアンインストールすると、フリーズの予防につながります。

※ホーム画面上にショートカットなどがたくさんある場合には、不要なものは削除する。
また、不要なウィジェットやライブ壁紙(動く壁紙)なども削除する。

3)起動していた特定のアプリが端末に負荷をかけているため
特定のアプリを使っているときにフリーズする場合は、そのアプリが端末に対応していない可能性があります。
→原因と思われるアプリをアンインストールする。

4)本体のメモリ容量が少なくなったため
本体のメモリが少なくなると、電話機本体に負荷がかかりフリーズすることがあります。
→不要なアプリ、写真、動画、音楽などを削除する。

※本体のメモリの増やし方については、「スマートフォンの電源が落ちる」をご参照ください。

5)以上を試しても改善されない場合は、携帯電話機の初期化をする
「設定」→「バックアップとリセット」→「データの初期化」 より初期化できます。

※ダウンロードしたアプリや写真など保存されたデータが消えることがあります。
電話帳などはアカウントと同期をしておけば、初期化後も復元できます。

以上全て試しても問題が改善されない場合は、
状況をできるだけ詳しくカスタマーサポートまでEメールでご連絡ください。